40代の転職で絶対失敗しなくない方はこちら

 

40代の転職、40歳からの仕事とは

リーマンショック以降、雇用情勢の厳しさはずっと続いています。
企業の雇用リスクそのものに対する考え方が変化したことが大きな理由です。

 

これまでの待遇や地位にこだわる事で、次のステップに中々進むことができないということがあるようです
40代の転職は、自身の強みや専門性にもよりますが、企業では管理職にあたるため組織構成上空きが少なく、
職位や年収も高くなるため採用する企業側は慎重になります。
よってエントリーできる案件数は、30代よりもかなり減りますのでまず年収アップのような転職は非常に厳しくなります。

 

40代男性が転職するには

40歳の男性が転職する理由の多くは、会社都合になるかと思われます。
専門性があれば40代でも求人はある程度ありますが、20代、30代に比較すると
エントリーできる求人は少ないものです。
効率的に転職するには、転職支援会社やサイトにエントリーして、
自分の職務経歴を登録しておくと、希望する仕事が見つかった時に連絡をうけることや、
企業から直接スカウトサービスをうけること、また非公開求人を紹介してもらうことできるため転職への近道です。

 

40代女性が転職するには

40代の女性の転職は、比較的自身のスキルアップや仕事のしやすい職場環境を求めて
比較的ポジティブに転職をしていく特徴があるようです。
最近の企業の多くは事務職を派遣社員が担っていることが多く、
企業の組織構成上マネージメントする上でも若い女性を採用する傾向があります。
よって、管理職経験や、ある程度の実績に基づいた資格やスキルなどの専門性がないと
正社員として採用されることは少ないようです。
しかし福祉分野では、女性の年齢に関係なく求人が増えています。

 

40歳からの仕事探しに参考になるサイト
20代転職について紹介しているサイト。30代、40代の方も参考にできます。

 

仕事探し50代ナビ.net
50代から仕事を探し始めるならこちらの転職サイト

職歴が乏しくても自分の強みをアピールする

 転職活動を行っていて、職歴は応募者によって違うので、職務経験に乏しい人も多いです。職歴があまり無かったとしても、重要な事は経験した仕事の中で強みをアピールする事です。仮にアルバイトなどの専門性のない仕事であったとしても、仕事を行っていた際に気付いた点や仕事を独創的に工夫したエピソードなどを職務経歴書に書きます。職歴がない事ばかりに重みを置かず、過去の事は自分の事であるという事を認識して、職務の経験の中で応募先の企業にPR文としてアピールします。

続きを読む≫ 2015/03/02 17:56:02 コラム

IT系に強い転職エージェントを使用しよう

 転職エージェントは人材派遣会社などでそれぞれありますが、転職エージェントが自分の仕事を理解していないと自分を高く売り込む事が出来ません。高く売り込むためにはIT系に強いエージェントを見つけましょう。そうすれば、自分が出来る事がうまく伝わり転職先の会社とのミスマッチはすくなくなります。

続きを読む≫ 2015/03/02 17:55:02 コラム

自己分析は転職でも大事

 みんな、気になるところだと思うのですが自己分析は就職だけに関わらず転職でも重要です。というのも、大人になった分自分の中でゆずれない部分も出来ていると思います。その自分の特性とともに転職は望まなければならないので、長所と短所くらいはしっかり把握しておきたいところです。

続きを読む≫ 2015/03/02 17:55:02 コラム

 そうそうあることではないのかもしれませんが、転職活動をしていると、1社だけから内定をもらうのではなく、2社の企業から内定をもらえる場合があります。まさに嬉しい悲鳴とはこのことで、こちらが自由に転職したい会社を選ぶことができます。しかし、どちらでも良いから適当に選べば良い、というものではもちろんありません。その選択が人生を決める選択なのだともう1度気持ちを引き締め、慎重に答えを出さなければならないのです。

 近頃では、転職サイトを利用するとスカウトサービスなるものを実施しているサイトを数多く見かけます。スカウトサービスとは、ウェブ上に匿名で履歴書を公開することにより、それを見て興味を持った企業が、直接履歴書の該当者に対してスカウトを行なうというサービスです。

 

 転職を行うには就職とは異なるために、インターネットなどで体験談などを参考にしながら違いを知っておくことが大事です。転職には経験やスキルだけではなくリーダーとしてスタッフに指示できる能力が必要になるために、就職とは違うために漠然とした理由でしないことが重要です。

続きを読む≫ 2014/02/04 13:02:04

 長引く不況でなかなか転職先が決まらないといった人も少なくないことでしょう。企業側も正社員の求人を極力少なくしているという背景もあるため、正社員を希望している人は苦戦を強いられている状況です。

続きを読む≫ 2013/09/27 13:42:27 コラム


何回か転職した経験がありますが、一番思った事は仕事をしながら転職活動をした方が良いという事です。
というのも、仕事を辞めてから転職活動をしたらなかなか決まらないと無収入の期間が長くなってしまって生活に問題がでてきます。もちろん雇用保険を前職でかけていたらある程度はフォローできますが、期間が決められていますし、不安定さは残ってしまいます。


病気で困っているという人を助けてあげる業務として看護師、介護士は代表的なものであり、
そうしたことから、これから医療ジャンルに転職を検討しているという方も多いのではないでしょうか。
こうした仕事は一般的に重労働であるという印象もありますが、院内でも教育制度整ってきておりメリットも大きく、働く誰もが安心できるものだと思います。


 不動産販売会社に勤務して3年。憧れの住宅を取り扱う仕事に、ただがむしゃらに取り組みました。
何千万もの商品を取り扱うプレッシャーや、体力気力を使う長時間労働で身体はきつい状態でしたが、お客様が「良い買い物ができた、ありがとう」と感謝の声も聞こえるようになりそれなりに満足感が得られるようになった。